キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
青島温州の浮皮果の多発生
aosima浮皮果

 気象庁は、2014年のエルニーニョの影響が、2015年の11月、12月頃の東日本の気象に、最も顕著になることを予想していました。実際、2015年は、異常に暖かい秋を迎えました。秋季の高温は、カンキツ栽培では、いろいろな生理障害をもたらし、困ったことになります。中でも、静岡名産の青島温州では、浮皮(ぶく)果の頻発を、起こす恐れがありました。

aosima青島no気象
aosima収穫量

 静岡県清水市の2015年8月からの平均気温の推移を、平年値と比較しましたところ、とくに、10月下旬以降、高く推移したことがわかり、結構降雨もありましたので、浮皮発生の気象的条件が整っていました。37年間平均の平年値に比べ、平均気温が10月で0.3℃、11月で1.7℃、12月で2.2℃高く推移しました。

 静岡県は、青島温州を主とした普通温州を、9万トン弱安定して生産してきましたが、さらに、高い技術力で、隔年結果の習性を矯正してきました。2015年度は、全国的には表年に当たりましたが、最近の静岡産は表裏が、わかりにくくなっていました。しかし、浮皮は、なりの少ない場合ばかりでなく、多産の場合でも、生理的に起こりやすいものです。心配された浮皮みかんの発生については、さきのブログ記事でも記述しました。

 年が明けて、東京のマーケットには、例年通り、青島温州が陳列されるようになりました。そして、予想していた浮皮果が、お店で極めて多く見受けられました。消費者には皮がむきやすいので、賞味できるのですが、生産者にとっては、困ったことで、これからが大変です。3月までの販売期間を、どのようにしてマーケットを凌いでゆくか、関係者は困っておられたことでしょう。

aosima果重と果肉率
aosima階級果実

 2月5日に、静岡県沼津市西浦の篤農家Kさんから、青島温州(10kg箱詰め)の送付を受けました。氏のご配慮で、各階級の大きさの果実が詰めてありました。早速、浮皮果の混在割合を調べてみました。浮皮果は、果実容積から果肉容積を引いた値で、判定できます。差異が大きいほど、浮皮程度が高いといえます。または、青島温州の場合には、果肉重の果重に占める割合の果肉率が、70%以下であれば、大体浮皮果といえそうです。箱詰めの109果のうちで、7個あったLL果が、すべて浮皮気味でした。気象条件にはかなわなかったようです。

 よく知られていますように、浮皮果の貯蔵力は、極めて弱いものです。呼吸がはやく、とくにLL果以上の大形の果実を貯蔵すると、果肉の品質が、急速に落ちます。腐敗も早く、輸送に耐えられません。ですので、Mサイズの小形の青島温州の栽培法を、確立する必要があります。アメリカ加州の青島は、ほとんどが大形果となり、日本の青島の品質を生み出せません。輸送船には、日本の小形の青島温州が、最もふさわしいと思っています。

関連記事:みかんの果皮の生長と果肉の生長: 11-11-29
     みかんの浮皮と果肉重:果皮重比の関係: 15-2-24
 


 1月30日にご質問くださった高知のT さんへ:
質問内容:興津早生やデコポンに相性の良い台木、とくに根接ぎ用台木の種類を教えて。
 
 現在、日本在来のタチバナを根接ぎして、樹勢回復を図る計画を進めておられるようですが、いかがでしょうか。デコポンでは、誕生(1972年)から43年になっていますが、デコポンの初期の樹の樹令が、そろそろ疲れてくるころになりましたので、根接ぎして樹勢回復を図りたいものです。しかし、このような根接ぎ試験の成績が見当たりませんので、すみませんがズバリの回答ができません。
 ただ、示唆できることは、トリステザウイルスに感受性の種類は、根接ぎに用いないことです。その意味で、免疫性のルビド―カラタチ、耐病性のコネジメ、クレオパトラ、トロイヤーシトレンジなどが、相性の良い品種になりそうです。タチバナも耐病性ですので、よいかもしれませんね。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/27(土) 22:49:44 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/28(日) 08:26:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.