キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ナツダイダイ果肉のベシクル細胞の生体染色
natumikansome断面

 カンキツ果肉のベシクル細胞が、ニュートラルレッド(NR)色素を用いると、生きた状態で染め分けできることを、明らかにできました。大形でやや糖含量に乏しいナツダイダイについて、ベシクル細胞の染め分けをこころみましたので、それらの結果をお知らせします。

natusome染め分け
natusome重さ増加
natusome糖増加

1)ベシクルのNR染色と重さ、糖度の変化
 蔗糖を0%、10%、20%、30%含むNR液に、果肉の長柄ベシクル各50個を浸漬しました。24時間後には、ほとんどのベシクルが赤く染まりましたが、淡色のベシクルも含まれていました。そこで、淡着色ベシクルと濃着色ベシクルの2群に分けて、ベシクルの重さと糖度を測定しました。 
 その結果、両者に大きな違いがみられ、1ベシクルの重さでは、濃ベシクルが速やかに減少しました。一方、濃着色のベシクルの糖度の変化率は、淡着色に比べて、外液の糖度が高くなるにつれて、大きな変化をみせました。しかし、着色したベシクルの内部を解剖しましたところ、中央部の容積の大きなベシクル細胞は、染色されていませんでした。24時間後でも、NR色素の浸透は完全ではありませんでした。

natusome細胞染色

2)ベシクル細胞のNR染色
 そこで、ベシクル中央部だけを摘出して、上のようなシリーズのNR液で組織染色しましたところ、1時間以内に、ベシクル細胞が速やかに染色されました。細胞壁は赤色に、細胞質は黄色にNR染剤で染め分けられ、外液に対する細胞質の反応が観察できるようになりました。

 その結果分かったことは、①:ベシクル細胞の原形質分離は、糖の薄い低張外液ではみられず、30%以上の高濃度糖外液の場合にみられたこと。②:原形質分離のみられたベシクル細胞では、細胞壁が薄くなったり、溶解している細胞のあることが、明らかになりました。

natusome断面層

 これらのことから、ナツダイダイのベシクル細胞の原形質分離は、高い糖外液の領域でみられ、浸透圧ストレスに対応していることが明らかになりました。また、ベシクルの周辺部には小さい丸型の細胞が7-8層あり、比較的厚いのが、ナツダイダイの特徴でした。細胞壁の違いとともに、この周辺部の細胞層の厚さが、食味上のベシクルの硬さとも関係しているように思われました。>


質問くださったエクリークさんへ
 内容:かんきつの周辺キメラの人為的作出は個人でも可能ですか?
    とくに寄せ接ぎ後の管理法を教えてください。

 愛媛県キメラかんきつ開発プロジェクトから、2002年に果皮がオレンジで、果肉がミカンの人為周辺キメラ「エクリーク15」の品種登録が出願されました。このエクリークをハンドル名にされているので、キメラに造詣の深い方と察して、ご返事いたします。
 人為キメラの作出は、基本的には試験管的に進めます。しかし、個人となると屋外での作業となりますので、汚染除去とカルス促進の湿度環境の保持が重要になります。
 手順として、(1)2品種の実生を寄せ接ぎして、接着後の接ぎ木部までの切り戻し、切り口でのカルス形成と不定芽の養成、さらに、不定芽のキメラ性の確認などと作業が続きます。(2)その後は、有望なキメラ枝の高接ぎをおこない、商品性などの果実評価となります。(1)での作業効率は、極めて低く、1000分の1程度でしょう。実生の発芽箱をたくさん用意して、ビニルハウスでの養成をお勧めします。個人での作出は比較的容易ですが、根気を要する操作です。御健闘をお祈りします。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.