キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
ベシクルのニュートラルレッド色素への染まりやすさ
somedai12時間後sin

 生物の生体染色に使われているニュートラルレッド色素(NR)が、カンキツのベシクルでは、主として細胞壁や細胞間隙を浸透して移動している、いわゆるアポプラスチックな動きであることを、明らかにしました。また、これまでのベシクルの生体染色試験では、NR染色の浸透速度が、カンキツ品種間、ベシクル種類間、細胞種類間で相当異なることを知りました。これらを取りまとめてみました。

somedai品種間比較新

1)NR色素への染まりやすいカンキツ品種
 50から90%のベシクルが、24時間後に外液としたNR色素を吸収し、着色しました。そして、着色ベシクルの出現率の低かった品種グループとして、文旦とその血を引いている品種が、類別されました。また、みかんなど甘果グループは、すべて70%以上の高い出現率を示しました。確かに、文旦類のベシクルは、食味上硬く感じられ、甘果グループと細胞壁の違いがあり、このことが、染まりやすさに関係していそうでした。

somedaiベシクル種類新新
somedaiベシ種類新新

2)NR色素への染まりやすいベシクルの種類
 デコポンの285gの果実には、7564個のベシクルがありました。ベシクルは、丸い短柄ベシクル(33%)と、長細い長柄ベシクル(47%)と、柄の短い長身の長柄ベシクル(20%)に種類分けできました。これらをNR外液に3時間浸漬して、染色具合を比較しました。その結果、10%程度のベシクルが、淡い染色具合で、どの種類でもあまり染まっていませんでした。濃い染色具合の、よく染まったベシクルは、袋頂部の長柄ベシクルと、袋基部の丸長ベシクルでみられました。しかし、染色具合で、袋の基部と頂部で一定の傾向がみられませんでしたので、NR色素の浸透速度は、どの種類のベシクルでも、大きな違いがないものと思われました。

somedai組織染め分け

3)NR色素への染まりやすいベシクル細胞
 デコポンの長柄ベシクルを、先端部、周辺部、中央部、そして、基底部(ベシクルのついている膜)にわけて、NR色素外液に2時間浸漬しました。その結果、赤色の染まり具合に大きな違いがみられ、基底部>最先端部>中央部>周辺部と柄部の順位が知られました。デコポンの周辺部や柄部の細長い細胞の間では、NR色素の浸透を許していないことが、とくに注目されました。

 細胞の生体染色に使われてきた、分子量が小さく、生体膜での浸透が早く、色調にpH依存性を持つニュートラルレッドは、カンキツのベシクルの浸透生理の研究などにいろいろと役立ちそうです。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.