キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ひめのつき果肉のベシクル細胞の生体染色
tukisome果実透視

 愛媛県育成のカンキツ「ひめのつき」は、アンコールに日向夏を交配して選択されました。アンコールはアメリカでマンダリンの交配で生まれましたので、アメリカ流で言いますとタンゼロに区分されます。果肉のベシクルの生体染色を、ニュートラルレッド(NR)色素を用いて試みました。

tukisome重さ
tukisome糖度

1)ベシクルの染色性
 蔗糖を0%、10%、20%、30%含むNR液に、果肉の長柄ベシクル各50個を浸漬しました。そして、24時間後に染色具合をみましたところ、いずれの糖度でも、全体に染まっていないベシクルと、全身が赤色に染まったベシクルがみられました。そこで、NRの浸透の遅かった淡ベシクルと、浸透した濃ベシクルの2群に分けて、ベシクルの重さの変化と糖度の変化を、測定しました。その結果、ベシクルの重さでも、糖度でも、両群に大きな違いがみられました。
 また、着色したベシクルの内部を解剖観察しましたところ、中央部の容積の大きなベシクル細胞は、染色されていませんでした。

2)ベシクル細胞の染色性
tukisome-細胞染め

 そこで、ベシクル中央部だけを摘出して、上のようなシリーズのNR液に組織染色しましたところ、1時間以内に、ベシクル細胞が速やかに染色されました。細胞壁は赤色に、細胞質は黄色にNR染剤で染め分けられ、外液に対する細胞質の反応が、観察できました。周辺部の表皮層が、中央部の大容積のベシクルの染色性を、遅延させていました。
 また、原形質分離が、20%、30%の高張な外液の糖液の場合に、顕著に認められました。この域では、細胞壁の厚さが、薄くなっていました。
 
tukisome先端部
tukisome周辺部

 これらの結果から、ベシクルの大きな液胞を持つ中央部の細胞は、糖の高張液下では、原形質分離をして、高い浸透圧でも、その形を維持できているものと思われました。しかし、直径が200ミクロンを超えるほどの大形の中央部ベシクル細胞は、少なかったので、細胞壁破壊による消失が考えられました。ひめのつきの細胞壁は薄くて繊細なようでした。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.