キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
手のひらサイズの果実を求めて
tenohira世界果実生産
tenohira-サイズ

 最近のFAO統計(2015)によりますと、世界の果実生産量は6億3654万トンに達したようです。カンキツ、スイカ、バナナ、リンゴ、ブドウだけで、その75%を占めています。しかし、世界には、2792種類もの果実がありますので、熱帯果実などの果実貿易が活発になると、これからは多彩な種類への需要が広がるものと思われます。また、これからの果実に対して、新たな研究開発が必須となり、とくに、モノづくりの巧みな日本に求められることでしょう。
 果実開発の方向として、美味い果実をつくるということがありますが、手頃な階級(grading)の 果実をマーケティングに乗せることも、とても大事なような気がしています。消費者に手頃の大きさの果実を提供することです。日本には、手のひらサイズという便利な言葉がありますが、大きさが果径10㎝位で、重さが100-250g位が手頃であり、消費者のほしい生果の大きさでしょう。果実の大きさを調べてみました。

tenohira種類代

1)果実の大きさの種類間差
 世界で最大の果実は、ジャイアンツカボチャ(Atlantic Giant)ですが、商品果実ではジャックフルーツでして、50㎏にも達します。その他、サワーサップ、ドリアン、パパイヤなどが大きい果実です。これら多くの熱帯果実は、手のひらサイズをはるかに超える果大です。かつての現地での感想では、オレンジやミカン位の大きさはないものか、ということでした。果実の大きさは遺伝形質ですので、現地で、遺伝資源を広く探し求めたものでした。

tenohiraカンキツ

2)果実の大きさの適大品種
 ミカン、リンゴ、ナシ、モモ、カキなどおなじみの果実は、ほとんどが手のひらサイズです。消費者にとって、手で持てることが、生果食欲の基本なのでしょう。しかし、遺伝資源として集められた果実の大きさの変異幅をみますと、種類によって相当違いがあります。例えば、カンキツのコレクション51品種の果大性を比較しますと、手のひらサイズの果実を持つ品種は、30%でした。最大の大きさは、ブンタンの晩白柚で2kgありました。

tenohiraジャックフルーツ
tenohiraマンゴー

3)果実の大きさの超大品種
 ジャックフルーツなど熱帯果実は、すべて1kgを超える大きさでした。そして、それぞれの遺伝資源には、適大品種はありませんでした。さきごろ、宮崎産のマンゴーが、銀座の青果店で1個2万円で売られていました。600g位の大果でした。マンゴーに、手のひらサイズの品種はないものか、79品種について調べました。重さの変異幅は、200gから最大のアンダーソン品種1800gでした。手のひらサイズの品種割合は、わずかに4%でした。ミリカやカラバオなどの小型マンゴー品種の改良が、これからは必要なようでした。

tenohiraブドウ
tenohiraブドウ小売り

4)果実の大きさの過小品種
 ブドー、ブルーベリー、アンズ、アセロラ、ヤマモモ、レイシ,ランサーなど小型果実種の遺伝資源を調べました。例えば、ブドウの188品種では、果重の変異幅は0.3gから最大の藤稔24gでした。しかし、ミカンの大きさの100gに達するブドウ品種はありませんでした。
 近年、生食用ブドウの消費傾向は、ピオーネ、高尾、巨峰、藤稔などの4倍性ゲノムをもつ大粒品種に人気があります。さらに、藤稔のジベレリンとサイトカイニン処理による栽培法の開発では、40gをこえる大果生産が確立しました。こうなると、ブドウでは房売りから、果実の個売りへと販売形態にイノベーションが起こることでしょう。
 
 果大性をコントロールする技術革新をとげて、手のひらサイズの果実の流通を図りましょう。そのためには、豊富な遺伝子プールをつくり、育種技術と栽培技術との連携による研究開発が、とても大切なようです。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.