キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
みかん果肉の袋膜重を比較してみると
sokumaku-ハウス袋膜

 いうまでもありませんが、みかんは皮をむいて、袋膜に包まれたじょうのう(ベシクル、つぶつぶ)を食べます。袋の膜が柔いときは、袋ごとほうばることができます。袋全体は、組織学的には、子房の内果皮由来の細胞群ということになります。袋膜は、側壁膜の隔壁(septum )と基底膜の内果皮(endocarp)で、基底膜の内果皮の表皮細胞から分化したベシクルを包んでいます。この側壁膜と基底膜の袋膜の重さを測定し、いくつかの知見を得ましたので、紹介します。

sokumaku青島園地

1)同じ園地の果重と袋膜重の関係
 青島温州の同じ園地の果実は、果重と袋膜重の間に高い相関関係を示しました。大きな果実が、広い袋膜にベシクルを包んでいることは、当然だと思われます。生産者が等しく持っている所感でしょうか。

sokumaku東京産
sokumaku-銘柄

2)普通産地と銘柄産地の果重と袋膜重の関係
 ところが、市販されている東京産の普通温州果実は、果重と袋膜重の間に相関関係を示していませんでした。果皮が厚くて、果肉率の低いものがありました。また、愛媛県など銘柄産地の普通温州果実でも、両者の間に高い相関関係を知ることができませんでした。このことは、流通業者や消費者が等しく持っている感触で、生産者の袋膜に対するとらえ方と異なります。

sokumakuハウス

3)ハウスみかんの果重と袋膜重の関係
 流通するハウスみかんには、5月収穫から9月収穫までの果実が売られています。どの月の果実も、果重が110gを超えることは滅多にありません。袋膜重は、ほとんどが5g以下で、薄い膜でした。そのために、維管束の筋を取ると、袋ごとおいしく食べられました。
 また、果重と袋膜重の関係は、産地間で大きな違いがありませんでした。

 みかんには、多くの系統があり、また、栽培法で品質が大きく異なります。しかし、店頭に、いろいろなみかんが並んだとしても、袋ごと食べられるみかんは、消費者にとって格別なように思われます。測定では、袋膜重は1gから20gと大きな変異幅を示しました。どのような性質の袋膜が丸ごと食べられるのか、その組織細胞学的違いはどこにあるのか、興味の持てる話題ではないでしょうか。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.