キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
早生温州の果実側壁膜の硬さを測る
koudou果実

  ウンシュウミカン(ミカン)のおいしい季節になりました。皮をむいて食べようとして、袋ごと食べられるミカンにあたりますと、おいしさはさらに倍増します。袋ごと食べれるミカンの側壁膜の硬さとは、どの程度の硬度なのか、その特徴を調べてみました。

koudouゆら早生
koudou産地

1)側壁膜の硬度の産地・系統間差
 市販のハウスミカン、有田の早生、宇和の早生、真穴の早生、佐賀の早生、東京の早生を使って、それぞれの側壁膜の硬度を果実硬度計で測定しました。硬度計は5mm径の圧子(プランジャー)を用い、取り出した袋の側壁膜の中央部を挿して、貫通時の数値を得て、比較しました。その結果、袋ごと食べられたハウスミカンと早生温州は、硬度が1㎏以下で、とても柔らかい口あたりでした。全体的に、早生温州の側壁膜の硬さは、3㎏以下にありました。

koudou相関

2) 側壁膜の硬度と果実形質との相関
 側壁膜は、果実の形質の一つですので、その他の形質との相関係数を求めてみました。その結果、硬度は、果重、果形、果皮重、果肉重、室数、袋重などの諸形質との間に、高い相関関係を持ちませんでした。しかし、大きくは、いずれもマイナス相関の関係にありました。また、膜の硬度と果肉の糖度との間にも、相関関係はみられませんでした。

koudou解剖符合2

3)側壁膜の硬度と側壁膜組織構造との相関
 側壁膜の硬さは、構成細胞の棒状細胞の厚さや強さ、さらには、細胞同士の接着の強さに左右されているものと思われます。そこで、硬度と先の解剖所見の側壁膜の厚さ、あるいは棒状細胞の幅との相関関係を求めてみました。その結果、硬度と側壁膜の厚さが正の相関関係にあり、また、棒状細胞の幅とは負の相関関係にありました。このことから、早生温州では、側壁膜の構成細胞数の多いことが、高い硬度を示したといえそうでした。

 袋ごと食べれるミカンとは、ヒトそれぞれでしょうか。消費者の食行動を規定することは、どの生鮮食品をとってもとても難しいものです。硬度や成分や組織構造などの測定数値で、袋ごと食べれるミカンを、科学的に明らかにできるといいのですがーーー、とりあえず、早生温州では、硬度1㎏という数値を示唆できました。それにしても、産地間での硬度の違いは、大きいものでした。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.