キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
無核紀州の果実側壁膜の硬さを測る
komikan果実

 紀州蜜柑は、紀元前に中国ですでに知られていた、古い種類の小蜜柑です(以前記事;なつかしい小蜜柑、10/01/06)。日本には、紀元5世紀ごろに渡来し、ウンシュウミカンが広く知られるようになった明治までの、とくに、江戸時代の剥皮性で甘味のあるみかんの代表品種でした。日本の風土によく適応していましたので、栽培面積の拡大した過程で、いろいろな枝変わり突然変異をみせました。今回それらの中の種無しの無核紀州の果実が手に入りましたので、側壁膜の硬度の測定と解剖を試みました。

komikan硬度

1)側壁膜の硬度
 果重35g程度の果実が10袋をもっていました。側壁膜の硬度は、1㎏から3㎏程度あり、平均硬度は2.2㎏でした。硬度1㎏の袋ごと食べられるウンシュウミカンには及ばず、袋ごとは食べにくい果実でした。しかし、往時は、果肉丸ごと呑み込んでいたことでしょう。
 
komikan形質相
komikan相関

2) 側壁膜の硬度と果実形質との相関
 側壁膜は、果実の形質の一つですので、その他の形質との相関係数を求めてみました。その結果、袋重を除いて、硬度と、果重、果形、果皮重、果肉重、室数、などの形質との間には、高い相関関係はみられませんでした。しかし、膜の硬度は、袋重や果汁の糖度とプラスの有意な相関関係をみせました。

komikan解剖
komikan棒細胞

3)側壁膜の硬度と側壁膜組織構造との相関
 側壁膜はこれまでと同様にすべて棒状細胞で構成されていました。そこで、側壁膜の硬度と、側壁膜の厚さ、あるいは棒状細胞の幅との相関係数を求めてみましたところ、側壁膜の硬度は側壁膜の厚さ、棒状細胞の幅いずれとも弱い正の相関関係にありました。無核紀州の側壁膜は平均で227μmと厚く、さらに、平均幅として14μmの棒状細胞で、細い細胞からなる組織構成となっていて、このことが、高い硬度を示したといえそうでした。

 最近の研究で、紀州蜜柑が温州蜜柑の母親であったことが分かってきました。とても長い歴史を持つ紀州蜜柑が、薩摩の長島(以前は肥後)で、より優れた温州蜜柑を誕生させたということになりました。両品種の側壁膜の硬さの相違は、果実の大きさの革新とともに、食感改善にこだわってきた日本人の歴史を物語っているようです。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.