キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ハッサクの果実側壁膜の硬さを測る
hassaku-ハッサク果実

 ハッサクの食べ方は、果皮をむいてさらに袋膜を剥いで、果肉を食べています。袋の膜(側壁膜と基底膜)は硬くて呑み込む人は少ないものと思われます。側壁膜の解剖を行い、その硬さの特徴を調べてみました。

hassaku-硬度比較

1)側壁膜の硬度の差異 
 ハッサクの果実側壁膜の硬度は、3.8㎏/cm2から5.5㎏の範囲にあり、平均値は4.2㎏でした。デコポンの2㎏と比べて、さらに硬い膜でした。袋ごと食べるにはやや難がありました。

hassaku形質相関

2) 側壁膜の硬度と果実形質との相関
 側壁膜の硬度と、果実の形質との関係をみるために、相関係数を求めてみました。その結果、硬度は、大きくみて、果重、袋重、ベシクル数、ベシクル重などの諸形質との間でプラスの相関関係にありました。また、果肉の糖度との間に、高いマイナスの相関関係がみられました。

hassaku解剖相関
hassaku側壁膜細胞

3)側壁膜の硬度と側壁膜組織構造との相関
 側壁膜の硬さは、構成細胞の棒状細胞の厚さや強さ、さらには、細胞同士の接着の強さに左右されているものと思われます。そこで、側壁膜の硬度と、棒状細胞の幅(平均15μ)、側壁膜の厚さ(平均230μ)との関係をみましたところ、硬度は棒状細胞の幅や側壁膜の厚さとの間に、弱いプラスの相関関関係にあることが分かりました。硬度の低かったデコポンの細胞幅や膜の厚さは、それぞれ平均値12.1μと平均値170μmありましたので、両者の硬度の違いは、組織構造の違いでもたらされているものと思われました。

 食感としての食べ物の硬さは、なかなか複雑で、口内での砕け易さ、粘着性、喉ごし性など、異なった視点からの検討が必要のようです。そのため、側壁膜の硬さを、硬度計の測定値に加えて、棒状細胞幅、側壁膜の厚さなどの組織構造の違いや、ペクチンなど膜成分量の違いなどを、種類間で、総合的に比較し、判断する必要がありそうでした。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.