キトロロギストXの記録
激しく変化する昨今のもとで一生をカンキツ研究に捧げてきた老学者の独白を広く一般のカンキツ愛好家(キトロロマニア)に聞いていただきたくブログを開設しました。お閑な時にどうぞ目を通してください。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
果物をたくさん食べていますか
syohidai店列

 世界有数の長寿国になった日本は、世界的に果物の消費の少ない民族とみられています。実際、FAOSTATの2013年のデータでは、一人当たりの1日の果物消費量は、世界平均が213gに対して、日本人は145gとなっていました。アメリカ人の平均が286gでしたので、私たちの果物消費がいかに少ないか伺えます。
 今では、生活習慣病にとっての果物の効用を疑う人は少ないものと思われますが、もっとたくさん果物を食べて、健康な毎日を送りたいものです。そこで、世界の国々の果物消費の変遷と、最近の日本の場合を比較してみました。

syohidai世界

syohidaiグループ別

1)世界の果実消費量の趨勢
 統計的には、世界の一人1日当たりの果物消費量は、この40年の間に60%程度も増大していました。勿論、世界の果実生産量や人口増加を勘案しても、果物へのニーズが世界的に高まってきたものと思われます。とくに、開発途上国とみられる国々の増加率には、目を見張るものがありました。

syohidai国別

2)国別の果実消費量の変遷
 1日の果物消費は、国の立地事情で異なり、果実中心か野菜中心かの食習慣の違いで相違していました。野菜をほとんど摂らない中南米の小国では、多くの果物消費がなされていました。1983年に最も多かったイスラエルは410g、2013年に最も多かったガーナは537gとなっていました。みかんを1日に5個ぐらい食べるくらいのことになります。
 この40年間の果物消費の動向は、①時とともに増大した国と、②ほとんど変わらなかった国の2様でした。
先進国では、イギリス、フランス、イタリア、カナダなどが①にあたり、日本、アメリカ、ドイツなどが②の国にあたりました。ギリシャ、スペイン、イスラエルはむしろ消費の減少傾向にありました。消費の急激な増大がみられた国は、中国、ロシア、インドなどでした。
 日本は、この40年間140gから150g程度を推移してきましたが、最新のデータでは販売果物の60%以上が外国産の果実となってきました。国産の安心、安全な果実をという消費者のニーズに応えるために、果物の種類をもっと増やしていく必要もありそうです。

syohidaik仕向け良

 日本人の果物消費がこの長い間あまり変わらなかった理由として、食生活における果実の価格の問題があるかもしれません。あるいは、お菓子の消費との兼ね合いもあるでしょう。なにしろ、何でも買える飽食の日本列島ですから、個人によっては偏食も多いことでしょう。肥満で苦しむアメリカでの取り組みのように、国民の医食同源につながる果物摂食のキャンペーンを、政府が中心になって推進する必要性が、これまで以上に高くなっているようです。 
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。良かったら押してください。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ フルーツへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.